menu

横田タオルのあゆみ 若い職人たちが技術を継承し未来を創り続けます。横田タオルのあゆみ

若い職人たちが技術を継承し
未来を創り続けます。

繊細なデザインの表現に適した「ジャガード織機」。
大切な機械達の能力を常に最高に発揮させてあげるためには「動き」「音」「振動」「臭い」を感じることが大切。
職人達は毎日接することで機械達の体調がわかるようです。
製造メーカーとして職人達が横田タオルの歴史を支え続けてくれています。
そして、若い職人達が技術を継承し未来を創り続けます。
  • 横田タオルのあゆみ横田タオルのあゆみ

    昭和26年10月
    横田米吉が今治市御厨通りにおいてタオル製造業を個人創業
    昭和40年4月
    横田タオル株式会社へ資本金300万円にて法人化
    平成2年5月
    第二工場新築第1期工事完了(ジャパンルーワ社全風量系集塵空調システム)
    日本製平岩鉄工所社 レピア織機5台導入
    平成4年6月
    日本製津田駒社レピア織機3台導入
     
    平成5年5月
    資本金1000万円に増資
    平成6年8月
    日本製奥井鉄鋼社オートテンションクリール型整経機1台導入
    平成7年2月
    両毛システムズ社CAD J SUPER導入
    平成9年11月
    スイス製SULZER 社高速レピア織機1台導入(電子ジャガード:SRAUBLI社)
    平成9年12月
    第二工場増築 第2期工事完了(ジャパンルーワ社全風量系集塵空調システム)
    平成11年7月
    横田豊代表取締役就任
    平成15年5月
    日本製津田駒社エアージェット織機1台導入(電子ジャガード:STAUBLI社)
    平成21年6月
    スイス製SULZER社高速レピア織機1台導入(電子ジャガード:STAUBLI社)
    平成24年5月
    イタリア製VAMATEX社高速レピア織機2台導入(電子ジャガード:STAUBLI社)
    平成25年6月
    日本製奥井鉄鋼社オートテンションクリール型整経機1台導入
    平成25年12月
    日本製津田駒社エアージェット織機1台導入(電子ジャガード:STAUBLI社)
    平成26年7月
    トップ産業グループへ参画
    代表取締役会長 松岡康弘、代表取締役社長川島潤就任
    平成26年8月
    イタリア製VAMATEX社高速レピア織機1台導入(電子ジャガード:STAUBLI社)
     
    平成27年4月
    イタリア製VAMATEX社高速レピア織機1台導入(電子ジャガード:STAUBLI 社)
  • 今治タオルの歴史今治タオルの歴史

    昭和26年
    タオル業界の好況が続き、タオル製造業者急増
    この頃からエアジェット織機などコンピュータ導入により今治タオル生産額が増大
    平成3年
    テクスポート今治開業/年間生産量約50,000トン
    バブル崩壊後、安価な輸入品が急増するなどにより壊滅的な打撃を受ける
    平成18年
    今治タオルプロジェクト開始ブランドマーク、品質認定基準策定・導入
    平成21年
    年間生産量9,000トンにまで落ち込む
    平成25年
    年間生産量11,000トンにまで回復
  • 国内の主な出来事国内の主な出来事

    昭和20年
    終戦
    昭和39年
    東京オリンピック開催
    昭和45年
    万国博覧会開催
    昭和63年
    「瀬戸大橋」開通
    平成元年
    消費税3%
    平成3年
    バブル崩壊
    平成5年
    雅子さん「結婚の儀」
    平成7年
    阪神淡路大震災
    平成9年
    消費税5%
    平成10年
    「明石海峡大橋」開通
    平成11年
    「瀬戸内しまなみ海道」開通
    平成23年
    東日本大震災
    平成24年
    東京スカイツリー開業